自動車保険(※特に老舗損保会社)は2008年ごろから毎年、1〜2%の値上げを行ってきました。
あなたも知らない間に、保険料支払額が増えているのです。

 

その主な理由は?

 

・高齢ドライバーの増加
  →事故率の上昇によって支払額が増加
    保険は全員で負担し合うので支払が増えると保険料も増加
・修理部品の高騰
  →保管料料の値上げ、部品自体の値上げなど
    円安やアベノミクスによってすべてで部品の値上げが始まっています
・不払い問題対応
  →東京海上日動火災保険の不払い問題で支払の見直しが発生
    結局支払が増えると保険料も増加

 

これらの理由で、実質コスト高になって
自動車保険が実質的に赤字状態が続いているとのことです。

 

でも、これらの原因を抱えているのは
旧来・老舗の損害保険会社が中心で
最近のネット中心の通販自動車保険は
高齢ドライバーが少なく(ネットが苦手)、不払い問題は起きていないので
比較的安価で保険料が済む場合があります。

 

それでも、通販系自動車保険の中でも
保険料は等級、車種、年齢などで大きく変わってきます。

 

そこで自動車保険の一括見積もりを利用して
必要なオプションを付けたときの
保険料を純粋に比較してみてはいかがでしょうか。

 

消費税も上がる中、
保険料の見直しは必須の作業ですヨ!!

 

自動車保険の保険料を見直すなら一括見積もりサービス

"自動車保険の保険料を安くするためには、複数の保険会社を比較しなければいけせん。
資料を取り寄せ、ネットなどで情報を集めながら、最終的には見積もりを出してもらい比較をします。
しかし、これらの作業を一つひとつの保険会社に対して行っていると、時間がいくら合っても足りないでしょう。
こんなときに便利なのが、インターネットの自動車保険一括見積もりサービスです。
一括見積もりサービスを使えば、面倒な手間をかけることなく、自動車保険の比較ができます。
しかも、一括見積もりサービスは無料で利用できますから、一切の手数料は必要ありません。
非常に簡単に保険料が安い自動車保険を探せるので、一括見積もりサービスを使ってみましょう。
一括見積もりサービスは、使い方も非常に簡単です。
サイトで利用規約に同意をすれば、愛車の情報や使用状況、自動車保険の加入状況などを選びます。
あとは、運転者の情報や自動車保険の補償内容を選ぶと終了です。
すべての項目を入力すると、見積もりが受け取れます。
一括見積もりサービスの結果を比較して、最適な自動車保険を選びましょう。
一度利用してみると、保険料の見直しをするときには手放せなくなるほどの便利さです。"